ホームセキュリティ, 防犯知識

窓の防犯フィルムを貼る方法

窓の防犯対策として効果的なのが防犯フィルムを貼る事ですが、窓全体に貼るとなると素人では難しく業者に頼む必要が出てきてしまいますが、高い費用がかかってしまいます。
防犯は大切だけど出来るだけ費用は抑えたいと言うのなら、自分で最低限な必要な範囲であるカギの周辺にだけフィルムを貼りましょう!

必要なのはフィルムの他にセロハンテープ、キッチンペーパー、タオル、ヘラ、そして水溶液入りの霧吹きです。
水溶液は水200ccに対し、台所用洗剤を少しだけ混ぜれば簡単に作れます。
まず最初に水溶液をガラスのフィルムを貼る範囲に噴射し、乾いたタオルで乾拭き、そしてキッチンペーパーで拭き上げます。

フィルムの保護シートは指紋をつけないようにセロテープを使って剥がしていくと簡単です!
フィルムをガラスに貼る前にもう一度水溶液でガラスを濡らし、そのままフィルムを貼って再び水溶液を吹きかけます。
そしてヘラを使ってフィルムの中心から外側にかけて、フィルムとガラスの間にある水溶液と空気を押し出していきましょう。
最後に今度はキッチンペーパーをヘラに巻いて再び押し出し、タオルで乾拭きしたら完成です。

業者に頼むよりも非常に安価でフィルムが貼れますので、是非チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です