ホームセキュリティ, 防災知識

お部屋の防災対策を見直す

もし大きな地震が発生した場合、あなたの自宅は本当に安全な場所となっているでしょうか?
地震の発生時の怪我原因として多いのが、家具の転倒による怪我ですので、日頃から大きな家具には転倒を防止する為の工夫が必要です。

例えば背の高い家具に関して、天井と家具の隙間に突っ張り棒などの耐震器具を設置しておくと安心でしょう。
またより倒れにくい家具にする為に、例えば家具は下に重心があるとより安定しますので、重い物は出来る限り一番下か下付近に収納するなど、収納も考える必要があります。

そして食器も地震で飛び出してきて割れてしまうと危険ですので、揺れに強い置き方に工夫する必要があります。
その方法は簡単で、道具等は一切必要なく、食器をただ中皿、大皿、小皿という順に重ねておくだけです。
開き扉の場合には揺れを感じた時に自動的にロックがかかる耐震ラッチを付けてみたり、扉のガラスが飛散しないように飛散防止フィルムを貼っておくと良いでしょう。

最後に、出来る限りの室内にクッションやブランケットなどをいくつか置いておき、頭や体をいつでも守れるようにしておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です