ホームセキュリティ, 防犯知識

住宅の防犯対策、侵入させないためには

大切な住まいに空き巣を侵入させないためには、日頃から正しい防犯対策を行っている必要があるので、対策方法を考えるなら、まずは犯人の手口について知っておくと良いでしょう。

住宅へ侵入するパターンは幾つかあり、留守の家に侵入して盗みを行うのは空き巣と呼ばれていますが、夜間住人が寝静まっている時に侵入して盗むのは忍び込みと言い、住人の食事中や入浴中などに侵入して盗むは居空きと言うそうです。

もっとも多い経路が玄関や窓から侵入という方法ですが、ガラスを工具などで破壊してクレセント錠を手で解除してから侵入するということですから、鍵を厳重にかけていても安心はできないのです。

空き巣で恐ろしいのは、住人が在宅中に犯人と鉢合わせするというケースであり、最悪の場合、住人に危害が及ぶことが考えられるのです。

About 初心者セキュリティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です