防災知識

家の防災対策をするなら、知っておくべき事とは?

防災対策として、防災グッズを集めたり家具の転倒防止を行っているという方も多いかもしれませんが、これから戸建住宅を建てようと考えている方はハザードマップで危険な地域を確認する事も大切ですよ。

ハザードマップでは、洪水や浸水が想定される高さや地域を知る事ができますが、書かれているからと言って必ずしも危険という訳ではありませんので、あくまでも参考程度にして基礎を高くするなどの対策をすると良いでしょう。

さらには土砂災害の可能性として、土砂や雪崩の急傾斜地の崩壊の危険区域を知る事ができますが、周辺には山や勾配などがある地域なら確認して、不動産屋にも聞いておきましょう。

急傾斜地の全てが危険という訳ではなく、危険区域に入っていると知った上で不動産選びや土地選びを行うと良いでしょう。

About 初心者セキュリティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です