防災知識

災害時にインスタントラーメンを作る方法とは?

災害時には、鍋を汚さないように調理して洗う水を節約するのがオススメですよ!

鍋で袋入りラーメンを作る場合には、水とポリ袋を用意して調理しますが、ポリ袋が破れて失敗するリスクもありますので、防災対策として調理する練習をしておくと良いでしょう。

調理で使用するポリ袋は耐熱性があるものを用意しますが、スープも袋に入れて調理するので、普段の方法よりも蒸発しないため少し水の量を減らして入れておきましょう。

袋が直接鍋に当たると溶ける可能性がありますので、鍋の底に耐熱性のお皿を敷いて水を入れて沸騰させ、ポリ袋の中にはラーメンと粉末スープと適量の水を入れて袋を閉じて茹でるのです。

ポリ袋を器に敷いたまま食べれば、食器を汚す事なくラーメンが食べられますよ。

About 初心者セキュリティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です