防災知識

地震後の通電火災に要注意!やっておくべき防災対策とは?

大きな地震が発生した後には避難する事も大切ですが、通電火災が発生する事が考えられますので防災対策しておきましょう。

通電火災は電気などによって発生する火災であり、電気が復旧した時にショートして出火したり、地震によって室内に倒れて散乱した家電から着火してしまうのです。

通電火災を防ぐためには、地震が一旦収まった後にブレーカーを切ったり、電気を使う家電などの電源をオフにしたり、コンセントを抜いておきましょう。

近年では、地震を感知して自動的に電気を止めてくれる機能を搭載した感電ブレーカーも発売されているため、自宅の通電火災を防ぐためにも防災対策として活用すると良いでしょう。

特に冬は乾燥するため、暖房器具を使用している方は気をつけた方が良いでしょう。

About 初心者セキュリティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です